ETCの情報サイト

車載器の種類

今や高速道路でETCを使うのは当り前の時代です。
そのETCを使うためにはETC車載器と呼ばれる機械を車に取り付ける必要があります。

このETC車載器には、車の情報が登録されていて、その情報を元に通行料などを算出します。
ETCを利用するには、このETC車載器とETCカードが必要になります。

ETC車載器の種類

ETC車載器には大きく分けて次の3つの種類があります。

1.本体とアンテナが一体になっているタイプ

ETC車載器・アンテナ一体型

ETCの無線通行をするためのアンテナと、ETCカードを入れる本体が一緒になっているタイプです。
価格が安いのが特徴です。

2.本体とアンテナが別になっているタイプ

ETC車載器・アンテナ分離型

ETCのアンテナと本体が分離しているタイプです。
ETCカードを入れる本体を外から見えにくい場所に設置できるので、安全上優れています。

3.本体が車に組み込まれているタイプ

ETC車載器・ビルトイン

あらかじめ車にETC車載器が組み込まれているタイプです。
見栄えは3つの中で一番いいでしょう。


どのタイプもETCの性能自体に変わりはありません。
価格を安く抑えたいのなら、一番最初のアンテナと本体が一体になっているETC車載器がお勧めです。